本文へスキップ

やったことのある人は少なそうな圧接です。

金属を原子レベルで結合させる圧接を紹介するサイト『強固な金属結合の圧接技術』

『強固な金属結合の圧接技術』は圧接の原理などについて解説します。

圧接技術

  • 圧接とは金属材料を溶解させず、固形のままで接合させる高度な技術です。 このテクニックを使って接合された金属はとっでも強固に結びつきますので、 簡単に壊れてしまったり取れてしまったら困るパーツなどにはどんどん使用されて いますが、圧接のための機械は誰もが所有しているわけではなく、わりと専門的な 工場などでしかお目にかかれないかもしれません。 個人宅にもあまりなさそうなマシーンですし、知らない人は一生知らないまま 終わるかもしれないレアな機械ですが、能力はとても高いようです。
ブロー成形なら青山化成
http://aoyamakasei.com/
確かな技術でプラスチック容器を成形します。
ブロー成型技術のノウハウを活かした当社製ちょうちん、メガホン好評販売中!
岐阜県海津市海津町札野677 tel.0584-53-0014

摩擦圧接の長所

  • 摩擦圧接は溶接のようにある一部分だけを接合するのではなく、面での接合を 実現しているので強固な製品を生産することができる、というのが一番の長所と 誰もが思っているでしょう。 確かにその通りですが長所はそれだけではありません。 いくつもの長所があるので世界中の工場、ファクトリーで毎日のように摩擦圧接 の技術が使用されているのです。 ここではそんな長所について説明しますので、摩擦圧接の魅力を思う存分知って いただけたら幸いです。

摩擦圧接加工の短所

  • 応用力の高そうな摩擦圧接ですが、どんな金属材料にでも対応できるわけではなく、 また短所も少なからずありますのであまりに過信しすぎるのもいけません。 他の接合技術よりも優れた点もあれば劣っている点もあるわけですし、その全てを 理解しなければこの技術を完璧に使いこなすことはできないでしょう。 世の中には「摩擦圧接こそ最高の技術!」と手放しで絶賛している人もいますが、 本当に詳しい人から見たらその姿は滑稽に映ります。 物によっては他の接合方法を採用したほうが効率が良くなるケースもあるので、 短所もきちんと把握しておくべきです。

ガス圧接

  • 圧接技術は摩擦を利用したものだけでなく、ガスを使ったものもあります。 原理はどちらも似たようなもので、固相接合と呼ばれています。 ガスを使うと聞くと溶接を想像しそうになりますが、何かを溶かして接合する のではなく、ガス圧接は原子レベルでの接合を実現しています。 理論は摩擦圧接に近く、金属材料の表面にある酸化膜を除去してから原子結合を 操って強固に結び付けます。 摩擦結合よりも限られた分野で活躍していますが、知っておいて損はしない技術 なのでここで紹介させていただきます。